人気ブログランキング | 話題のタグを見る

飯田(京都)-新星きらりと鰤(ぶり)-

飯田(京都)-新星きらりと鰤(ぶり)-

今は昔、2011年1月15日の弐の膳のお話。

昨年、京都の別のお店大渡さんからどこか良いとこないですか。?と3店教えていただき、なら正月すぎにとそのうちの1店を予約していました。(大渡さんもまた別の機会に報告しないとね。)飯田さんです。お写真はだめなので、今日は写真なしです。まあ、どっちにしろ、ピンボケ携帯写真ばかりなので(ある意味、料理写真とるのもなあ。なんて思ったりしているので、これもよし。)
36歳のすこし、シャイな表情のイケメンの大将飯田真一さんとそつのないサービスで着物も似合う明るい女将さんです。名前は聞いてなかったなあ。(料理が楽しくいただける雰囲気があります。この2人きっと、もっと成長すると思います。)埼玉出身で、中学生のころから料理人になると決めていたそうで、金沢、京都と修行されて、2010年7月にオープンされたということ、お店は茶道具屋のあとの昭和初期の建物です。
飯田(京都)-新星きらりと鰤(ぶり)-_a0194908_1525957.jpg
暖簾をくぐってお店に入ると床の間に大きな鯛の焼き物、5人ほど座れるカウンターで、、まず、お茶 本当の梅と昆布の入った梅昆布茶のんで、友人を待ちます。少し雰囲気写真です。
飯田(京都)-新星きらりと鰤(ぶり)-_a0194908_15582040.jpg
陶磁器やガラス器なども楽しめますよ。いいね。こういう趣味のお店は、ほっとします。
先付け 正月らしく、あわびの器に水引き(あわび結びだったような気が、ゆずりはと裏白がそえてあります。なかはごまめ、ごぼう、数の子 数の子はうすめの上品なおあじでした。これは絵で書きますわ。下手ですが、、、こんな感じ
飯田(京都)-新星きらりと鰤(ぶり)-_a0194908_15591251.jpg

椀物 お雑煮ですね。正月らしいお碗に、からすみのはいった白餅(からすみ餅)、あわび、紅白、かぶら からすみのはいった餅もお出汁もおしかった。からすみ餅は紫野和久傳(むらさきのわくでん)なんかでおもたせであるようですね。修行先ですね。そういえば、丸山の包丁さばきはすごいともおっしゃっていました。
向附け てっさとからみ大根。 てっさはからみ大根ともあうね。白く高く盛られた辛味大根が雪っぽくて季節を感じます。あわせるポン酢は薄くて力強い味です。
お凌ぎ 鰤(ぶり)のにぎり(ブリの上にたたきいもとわさび)天然ぶりはやや濃厚な色合いなので、このぶりにのっている緑と白が妙にモダンでした。
強肴  蟹シュウマイ 蟹のかおりが香るかにしゅうまいでした。
焼き物 ふぐのつけおきの炭で焼いたもの  しゃぶりつきました。ふぐの焼き物はしゃぶりつきですね。
酢の物、揚げ物、煮物 このわたとなまこ くわいのせんべいとふぐの煮凝り 
炊き合わせ 助子の昆布巻き、うめにんじんなどその他。再度正月風に、お出汁がおいしいです。
食事 佐久の白米、赤出汁、香の物、 ごはんたしかにおいしかった。炊き込みにしたときもあったけど、白ご飯で出しているとおっしゃっていました。
水物 黒ゴマプリンといちご(料理と関係ない話ですが、いちご、今年は赤くなりにくいそうですね。)
お菓子 ほしがきにあんこをいれたものをてんぷら(一緒に行った干し柿苦手な友人が美味と食べていましたよ。)
抹茶 煎茶茶碗でぐびっと。あー完食。おいしゅうございました。。とにかく、味つつけのお出汁が美味です。
冷酒晴海バカラでぐびっつ。燗酒はちょいあつでおちょこでぐびっつ。って感じです。
また通わないと行けない店ができたなあ。皆さん飯田さん覚えておいてください。大将は引っ込んでいるのがもったいないいい男です。でも、出たり入ったりするからまたいいのかな。
飯田(京都)-新星きらりと鰤(ぶり)-_a0194908_15255920.jpg

その後はカルバドールにはふられたので、その日の夜はその後もう一軒 日本酒のお店酒バーよらむに行って帰宅しました。東洋美人(611)と大虎と、、、、、忘れた。友人は一泊するのでそれからカルバドールへ。いいなあ。
しかし、京都寒いわ。!研究している頃を少し思い出しました。(写真の時間がどうも一時間ずれているな。グアム時間になってるわ。)

京都 飯田  http://r.tabelog.com/kyoto/A2602/A260201/26016833/
京都府中京区姉小路富小路西入る南側 075-231-6355
酒バー よらむ http://www.sakebar-yoramu.com/about.html
京都市中京区二条通り東洞院東入る南側 075-213-1512

# by zuitoshou | 2011-01-17 15:26 | 和食、すし

梅市 1-鯛かぶらと器と日本料理!―

今は昔。2011年1月12日の壱の膳の話。

先だって、ミナミの日本料理の梅市に伺いました。大将は奥田高光氏です。有名な方です。時々伺うバーのマスターから紹介されていたのですが、なかなかうかがうことができずにいました。 おいしくいただいた料理はざっと、以下のようなもの。紅白膾(なます)(いくらで赤を表現していたのかな。)子持ち昆布、たけのこ、からすみ(扇のうつわ)おわん エビ(人間国宝の人のお碗とおっしゃっていました。お碗だけ写真とったつもりがない。)てっさ  鯛かぶら  あまだい焼き物(うつわは松、竹、梅) うに、かになどのあえもの ひろうず  さば寿司(熊野灘のさば) 洋ナシのシャーベット (扇の料理の写真)
梅市 1-鯛かぶらと器と日本料理!―_a0194908_19491155.jpg

というところで、大将がよっ!日本料理の大将という雰囲気の豪快な大将で、お弟子さんたちにはきっと怖い方なのでしょうが、きっと、この教えが、次の料理人を育てていくのでしょうね。
料理は、さすがっ!日本料理っていう料理で、出だしの3品からはお正月を感じる料理と器からでした。椀物のお碗と焼いたあまだいの器がよかったのですよ。(椀物の写真、確かにお碗だけ撮った筈なのに、すでに酔っている)
梅市 1-鯛かぶらと器と日本料理!―_a0194908_19493751.jpg

今日おいしかったのは、ふぐもですが、鯛かぶらがおいしかった。鯛の出汁で、蕪を炊いてというものですが、この汁と味のしみた蕪、蕪も柔らかすぎず、硬すぎず、絶品でした。料理屋で食べておいしいと思える一品ですね。肝心の写真がピンボケで写真なし。 当然、鯛は当然、焼いてもおいしい。 うつわも松竹梅です。(焼き物の写真)
梅市 1-鯛かぶらと器と日本料理!―_a0194908_1952597.jpg

関西では、ひろうず(飛竜頭)といいますが、関東ではがんもどき(雁元、雁擬)とよぶそうです。以前、長崎旅行した時、ひろうずの由来はポルトガル語のお菓子「フィリオース」(果物を小麦粉でまいてあげる)の製法に似ているからか真似したからと聞きました。(さすがに、ひろうずは写真栄えしませんね)
梅市 1-鯛かぶらと器と日本料理!―_a0194908_203426.jpg

さば寿司は女将さんからは熊野のさばということでした。脂は少ない感じで身がしまった感じでした。よく食べるさば寿司と少し違った印象の一品でした。最後のデザートがなくてもよいほど、口がすっきりしていました。(さば寿司)
梅市 1-鯛かぶらと器と日本料理!―_a0194908_19522924.jpg

料理の写真ですが、もともとブログというより、自分の防忘録として、携帯で酔っ払いながら撮っているので、焦点あってないですねこれから、ブログにのせるとなるとカメラいりますね。(面倒だな。。しばらく携帯で。)。007.gif

今月はあと3件ほど日本料理に行くので、正月風の料理楽しみたいですね。
ちなみに、は大好物です。刺身もおいしい。腹は脂おおいのでその日でも、背は一日おくとおいしい。鯛めしも大好きです。昨年一番おしかった鯛を食べたお店は松弥という店です。この話はまたの機会に。


梅市
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27000909/
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-6-3 ハイツ千年町 2F

# by zuitoshou | 2011-01-14 20:15 | 和食、すし

怪獣面木―寒い夜に、大阪でガンダーを見かけました。

今は昔。2011年1月11日の話
昨日は寒い夜でした。
かにを北新地に食べに出かけたのですが
そのかにの話は後日に、
その帰りの大阪駅前第4ビルの前で
このような木を発見。
怪獣面木―寒い夜に、大阪でガンダーを見かけました。_a0194908_1949172.jpg


これは、ウルトラセブンの怪獣の凍結怪獣ガンダーを思い出しました。
だから寒いのね。というのは、
怪獣面木―寒い夜に、大阪でガンダーを見かけました。_a0194908_19494760.jpg


ガンダーというのは地球を第三氷河期にしようとするポール星人に操られている怪獣。
長い顔に大きな口です。かなり奇妙な顔です。

怪獣面木とでもいうのでしょうか。
もっと的確な例えもあるでしょうが、

# by zuitoshou | 2011-01-12 19:53 | 徒然草