人気ブログランキング | 話題のタグを見る

祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-

京の町は桓武天皇の794年の遷都以来の歴史がつまっている。
その空間は約1300年間、位置を変えているわけではないから、
いわゆる歴史上の人物も、その京の町の小さな空間に
たしかに、別の時間に存在していたはずだ。

桓武天皇は794年ごろにこの地に来るため、長岡京からどこかで桂川を渡ったのだろう。
藤原道真は京から宇治に向かう時、確かにどこかの道を牛車に乗って移動した。
藤原定家は京の自分の屋敷で歌を詠み、歌を撰んだ。
平清盛は六波羅探題のあった小学校あとで政務を執ったとのだろう。
義満も一休は金閣寺、大覚寺あたりにいたことは確かだし、
信長は馬ぞろえのとき、下京の本能寺から室町通を北進し、一条を曲がり馬場に入場している。その後、(現在の本能寺ではない)本能寺で死を迎える。
秀吉は今は西陣のハローワークあたりに石碑しかない聚楽第のあと地あたりで、その時代政務がとられた。周囲には「如水町」「小寺町」「浮田町」「飛弾殿町」「田村備前町」「福島町」「中書町」「直家町」など秀吉麾下(きか)の武将の名を冠した地名も多く見られる。その武将たちもそのあたりをうろついたのだろう。
江戸時代は政務は江戸にうつっても、御所には天皇がいた。
竜馬、新撰組、維新の偉人たちも京の細い路地を人を切ったり、逃げ回ったりした。


あなたは、このような楽しみをしたことはないだろうか?
私は、京の町を歩くとき、歩みを深めるとともに、自ら、頭中の時間のねじをまいて、
行きたい時代を意識して歩く楽しみがある。軽いタイムスリップ気分を味わうのだ。 
特に、料理屋さんに行くときは楽しい。
初めての店は店の雰囲気や店主の雰囲気がわからないときは難しいけれど、
京は和食だし、大将は江戸の雰囲気だとか、平安の時代の雰囲気だとか、、
そういう意味では京都の料理屋は、タクシーで乗り付けずに
その店の前まで歩いていきたいものです。 

今は昔 2011年1月22日の四のお膳のお話

案内する店は 大渡です。身内の早めの誕生日をかねて、家族で訪ねました。
河原町の阪急はなくなってしまった。寂しい思いもあるが、
幾多の人が待ち合わせにしたそのビルの前で集合。
(このあたりに、竜馬が買いにやらせたしゃも屋はあったらしいからね。)
河原町から東にむかって四条大橋をわたる。
四条大橋は横をさえぎるものはないので、冬の京都では風が通るので、
顔の感ずる温度は下がる。
南座をぬけて、さらに東へすすむと、
花見小路に交わり、その通りを南に下る。
小さな通りをうろうろとし、
保元の乱で有名な崇徳天皇陵の碑から東に緩やかな坂を上ると
ほんのりと暖かいあかりの町屋がひとつ。
今日は、平安時代から武士が勃興している頃に戻るかなと思いましょう。


扉をあけて、まず目につくのは、一生懸命の文字(御贔屓さんにかてもらった文字とか、長いまっすぐの棒は、すりこぎを模したものとのこと)。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13375360.jpg

カウンターは8席ほどお店です。では大渡の料理を堪能しましょう。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13385096.jpg
 

先付 うるい、ウニ、エビ、かずのこ、くわい、くろまめ 甘草のジュレ  
正月の雰囲気を味わいましょう。ひとつひとつが繊細な味付けです。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13392137.jpg

お雑煮 花びらもち ごぼう、わがらし
もうひとつお正月らしく、お雑煮です。 花びら餅はごぼうと餅と白味噌餡をつつんだ和菓子とか平安時代の新年行事の(歯固めの儀式、長寿を願う)を簡略化したもので、宮中のおせちとか。
それを、お雑煮にいれた一品で。和食の古いしきたりを感じさせるものです。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13424677.jpg

椀物 くもこのたまごじめ ピスタチオ
一転して、たんに、くもこにたまご締めしただけでなく、ピスタチオをいれたもの。緑が薄い黄色の中で映えるとともに、食感もおもしろい。かぼちゃの種を入れる人も多いけど、ここで洋もののナッツを使用するところが、一転してモダンです。いつも、どこかに、とっても洋食を感じさせるものをおりまぜてくれますよ。


飯椀 きのめ、ごはん、このわた
このわたのねっとりしたおしいさと、きのめのさっぱりがマッチして、橋休めのような一品です。おいしい。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13435261.jpg


吸い物 かにしんじょ、からすみ(つゆうち)
いつも、お吸い物は、セットが終わると露うちをされるんですよ。これがまた、一興です。
露うちは、お茶懐石の乾きをきらうためとも、お吸い物のふたがはずされていないことを示すものとも。。。あーかにしんじょうはこれでもかという蟹の量です。からすみもすこし、水気のあるお吸い物のほうが歯ざわりはよくなりますね。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_1344640.jpg

向付 あまだい
昆布締めしてあるのかな。まったりした感じでした。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13444389.jpg

鍋物 あいがも、きにら、さんしょ、あげたふ、九条ネギ(やながわ鍋風)
きにらはこういった鍋物には絶品です。以前岡山にいた頃はよくこういう形ででてきました。最近、関西でも見かけますね。。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13504814.jpg


この間に生きた伊勢海老登場。 ライブ感あるよ。子どもも喜んでます。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13462932.jpg

鉢魚 ほんもろこ(炭焼き)
琵琶湖にいる本もろこ、外来魚に押されて減っているといいますが、なかなか美味しいですね。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_1345157.jpg

煮物 いせえびの酒粕煮
とすると単調なお味になる伊勢海老も酒粕と煮るとぐっと旨みがまします。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13453378.jpg

香の物、釜で炊いた佐渡の白米
水物 わらびもち
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_13455579.jpg

抹茶

おひとりで、接客から何から何まで、大忙しなのですが、たんたんと仕事されます。
ほとんど、足を上げずにすすすとあるかれます。
スターウオーズのR2D2の前進歩行と同じです。

いつもご馳走様。
オープンして間もない2009年12月13日  2010年8月21日 2010年10月28日から4回目ですが、いつも楽しませてくれます。3月にはお手伝いさんが入るようです。でも、予約簡単にとれなくなったよ。。。
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_1347283.jpg


祇園 大渡
京都府京都市東山区祇園町南側570-265
075-551-5252

大渡の近所の天皇陵のある崇徳天皇(1119~1164)というのはなんともいえない天皇です。
保元の乱で有名です。出生のうわさといわゆる院政と天皇継承問題と周りの官僚や武士が巻き込まれ、長く続いた平安時代の終焉となる事件です。彼は、敗者で、最終的には讃岐に流され、暗殺されたとも言われています。いまの天皇陵に正式にまつられるのは明治天皇によるものです。
そんな彼の歌った百人一首の歌。
瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末にあはむとぞ思ふ(崇徳院)
滝の水は岩にぶつかると二つに割れるが、すぐにまた一つになるので、現世では障害があって結ばれなかった恋人たちも、来世では結ばれましょう。

下の写真は2011年8月11日 青森県の奥入瀬渓流での写真(場所は違うけどこんなイメージかな。)
祇園 大渡 1-京都で勢いがある店といえばここです。伝統とモダンさと-_a0194908_1431270.jpg

# by zuitoshou | 2011-01-28 14:09 | 和食、すし

高槻国際ハーフマラソンととり粂(茨木)と高山右近

高槻国際ハーフマラソンととり粂(茨木)と高山右近

走る姿、、何を思い浮かべかすか。?
わたしの場合、太陽にほえろで、若い刑事が犯人を追いかけるシーンが浮かびます。
マカロニ、ジーパン、テキサス、スコッチ、ボンなど、、、
大野克夫 井上隆之のバンドの音楽をバックに流れて、、
というのが、私たち世代でしょうか。?

それとは、無関係に、ランニング、ジョギング、マラソンと、
ただ走るスポーツがある。
何が楽しいのか?といつも思っていた。
走る人に聞くと、いわゆるランナーズハイの気分があるという。
この感覚はわたしには感じたことがない。

じゃあ、なぜ、時々走るのか?
理由は主に二つ。
美味しい食事を太らずにしたいという目的と
寒い中、ゴルフの練習やゴルフに行っても
楽しくないので、いっそ、冬はゴルフのために体力づくりのためにと思い。
ちょっと走り始めた。
ただ、走るのも楽しくないからと思い、イベントっぽいレースに参加している。

今は昔
2011年1月23日のことです。 
高槻国際ハーフマラソンが開催されたので、10kmに出場。
コースはせまく、人が多い。アップダウンはそれほどでもないが、
淀川の土手と市街路とを結ぶところにやや急峻な高低差がある。
市街路が多いので、風の影響はほとんどない。
高槻国際ハーフマラソンととり粂(茨木)と高山右近_a0194908_16195132.jpg

この日は、いつもより、足が重く、なかなか前に進まなかった。
完走後、ふくらはぎより大腿四頭筋と下腿の前脛筋にはりがあり、
いつも痛くない腰が張っていた。また、前腕から肩にも張りがあり、
なんとなくだが、しっかり、足をあげて走れていなかった印象。
体幹軸もぶれて、前傾が強かったのではないかと勝手に思っている。

タイムはいつも同様10km 1時間切るぐらいでと思っているので、
まあまあかな。50分きりたいけれど、そのためには、もう少し
練習がいるかなあ。

これまでの公式記録 順位は年齢別(40歳代とか、、、?)
2010年2月28日 琵琶湖レイクサイドマラソン2010  12.5km  1時間7分52秒 (100/188)
2010年11月28日 すいた万博国際ふれあいマラソン2010  10km 54分39秒 (124/208)
2011年1月23日 19回(2011)高槻シティー国際ハーフマラソン 10km 55分25秒(271/589)

2010年12月5日 奈良マラソン 42.195km  5時間5分
(マラソンは正直完走できると思っていなかったので、またこれだけでお話します。)


しかし、健康のためにはじめたランニングもスポーツも
逆に故障の原因になる場合もある。
プロ野球の工藤や金本の年齢の限界をこえてするには
かなりの体力づくりがされているという。
40歳をこえると、そのあたりも考えて運動に取り組まないと
だめなのでしょうね。

そのの日の昼ご飯で行ったのは、茨木の商店街にあるとり粂のお店
ステーキ、焼肉 とり粂(割烹 片桐)です。
片桐は茨木城の城主の片桐且元からとったのかな。
今日食べたのはビフカツ定食。
だいたい、昼も夜も1000円ほどの各種ランチや定食があって、
家族などでは、ゆっくりできておすすめです。
高槻国際ハーフマラソンととり粂(茨木)と高山右近_a0194908_16204091.jpg

牛肉と高槻は大きなからみの話があるんです。
豊臣秀吉が北条攻め(小田原攻め)の時、長陣だったので、
蒲生氏郷と細川忠興が高山右近の陣を訪れた時、右近は
牛肉を焼いて食していたということ。
いまでいうところの焼肉かすき焼きではないかといわれている。
天武天皇が牛・馬・猿・鶏・犬の食肉禁止令を出してから、
いわゆる上流階級ではこれらの肉は忌避されていたようですが、
高槻国際ハーフマラソンととり粂(茨木)と高山右近_a0194908_16212345.jpg

高山右近はキリシタン大名でキシリタンと付き合い深く、
おそらく、高槻の城主の頃から食べていたのではないのかなあ。
彼は、ポルトガル語も理解し、城を作るのも上手だったといいますから、
キリシタンからキリスト教だけでなく、科学全般を学び理解していたのだと思います。
茶道(利休七哲んおひとり)にも通じ、いわゆる、天才だったのでしょうね。
この人、おもろい人で、個人的には大好きな武将なのです。
最後はマニラで亡くなっているのです。

片桐(とり粂)
茨木市元町6-3  
072-626-2722

# by zuitoshou | 2011-01-25 16:13 | ゴルフ、自転車、ランニング

松弥 1-至福の4次元料理―

今は昔 2011年1月21日金曜日の参のお膳のお話

すごく当たり前のことを書くのですが、
料理を美味しいと感じるのは
かなりの主観によるところが多数ある。というかほとんどの要素かもしれない。
したがって、美味しいとかうまいというのは、
“自分の味の好みにあっているわ”というのが、正しい表現なのでしょう。
そうはいっても、おそらく、9割がたの人が美味しい(味が合う)と感じられるような
料理方法が料理人のおなかで、伝授されて行くのであろう。
(そして、その美味しい理由は現代では科学的にも証明可能なのだろう)

しかし、日本人の味に対する趣向も
時代の影響に曝され変化すると、
当たり前に行われていた料理方法が忘れ去られたり、
古い書物でみるしかなかったりすることもあるのだろう。

さらに、美味しいと感じるには、
もちろん、味が好みに合致することも重要なのですが、
料理する人と波長が合って、(あわせてくれているのでしょうが、、、)
共鳴したりする空間があると
わずか2時間とか3時間の料理をいただいている時間で、
さらに共鳴し、至福の時間を味わえることがある。
より、美味しく感じることが4次元的に展開されるわけです。
(もちろん、この共鳴する波長も人によって違うのでしょう。)

今日はそのような意味では、これ以上のところはないだろうと
僕は思っているお店を紹介しましょう。
中井和弥さんのお店で松弥といいます。

時は元禄、いまから333年前。
上六の新歌舞伎座の前で仕事帰りのおっさん2人。
行きつけの西天満にある酒屋(今で言うところのバー)の大将(マスター)がおしえてくれたのだけど、
今日行くお店はねえ。ちょっと、今までのお店と違うよ。
おなか一杯食べたのに、どんどん食欲がわいてくる店や。
それは謎賭けか?
いや、今日、ご馳走になったら分かると思うで。
ほー、その店はどの辺りにあるのだい。
西天満知っているかい。かの亜米利加の出張の館があるところだよ。
も少し、くわしく知りたいね。
場所は西天満奉行所の北のあたりだね。
今や、仏蘭西の味酒覧(ミシュラン)という味、酒の一覧に星ひとつでのってしまってねえ。
井原西鶴も松尾芭蕉も行ったらしいで、、、なんて、気分でお店に
参りましょう。ところが、店に名前が、、ない。。。あわてるなかれ。。。松弥です。
がらっとひらくと、そこは6,7人だけが座れる。大将と差し向かいの特別の空間です。

松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_1550062.jpg

1.むしあわび、大根、ゆず あわびは夏が旬なのでしょうが、縁起物で1月はどこも出してくれる。あわびの状態は今年はあまりよくないなあと一言。海草の状態が左右するのかなあ。と。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15262082.jpg

2.ふぐ(てっさ、てっぴ)焚きこんだ骨からなどからのにこごりをあえたもの  文字通り、食感のあるものと食感のやわらかなもの、温かいものと冷えたものというコントラストを口の中で味わえる一品。ピントあってないのでなし。
3.あんきも、くわいのからあげ、サーモンと蓮根に黄身酢、えびの頭の焼いたもの、海老の身にこのわたをあえたもの、丹波牛もも(まるしん)(炭焼きしてあかみそにつけて1週間それからさらにねかせたもの) なまこ(ほうじ茶で80度 10秒くぐらせて、ポン酢に) ここは、酒の肴ですなあ。どれも、おいしくて、もっとおかわりしたい。酒がすすんみます。 なかでも、なまこ、丹波牛は絶品です。くちが、、次の食材を呼びます。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15271041.jpg

4.ひらめ、えんがわ、きも  も少し、おきたいなあといいながら、、肝は調理方法の妙なんです。美味しい!
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15272634.jpg

5.ふぐ白子の炭で焼いたものをお持ちに見立てた白味噌雑煮(天満の味噌、海老からの出汁)この白味噌がまた美味しくて、餅に見立てられた白子が、あー口の中で、溶けると同時に香ばしさが広がってきてー。白子やはりうまいなあ。もう、おいしさにギブアップ。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_1528536.jpg

6.焼いたかに身、からすみ、かぶら  焼きがに大好きです。憎いけど、ここは蟹料理屋ではないので、いろいろな形で楽しませてくれます。食感ののこるぐらいの大きさのからすみと合わせると、、、、あーー。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_1536380.jpg

7.かにみそ、蟹身を炊いたものをねかせて、蟹身をしゃぶしゃぶとくぐらせたものと一緒に  これも、蟹身を付け合せるものは、いろいろあるのですが、これは、なかなかお店でないとできない一品です
8.のどぐろごはんにいれていたのどぐろのあたまたち これは次にでてくろのどぐろご飯の頭なのですが、これが、捨てるのには考えられない。のどぐろの味がごはんにしみるように、ご飯の香りがのどぐろに移って、これまた、酒一杯。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15363953.jpg
9.ゆば、豆乳  あーやっと、口を休ませてくれるのね。。
10.のどぐろ、からすみ、ごはん、  ごめん。うますぎです。からすみのアクセントもきくのね。おかわりしたいのに、させてくれません。あとでお茶づけと
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15311956.jpg

11.さきほどの蟹みそ、蟹身をたいたものに蟹身をいれたもの あーまた、口が食を欲している。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_1532977.jpg

12.さきほどののどぐろごはんをお茶づけで、、と。あーこれもおいしい。
13.くろまめぜんざい、いちご、抹茶、もち 最後は正月らしく、黒豆で、、
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15323362.jpg


去年の7月14日、にはじめてうかがって、あまりにおいしくてぶったまげて、たてつづけに8月3日におじゃました。その後、9月29日にもご馳走になって、年末忙しくていけなかったのですが、久方ぶりにご馳走になりました。

大将、いつも、お馬鹿なわたしたちに真剣に付き合ってくださって、ありがとう。
今後の店のスタイルも定まったとのこと。きっと、なかなか、取れないかもしれないです。
ここは、一度5,6人の普段なかのよい友人で、思いっきり料理を楽しみにいってほしいお店です。
空間、時間と4次元的に楽しめ、鱈腹食べて、
お腹は一杯なのに、お口はもっと食べたい。という意味が分かると思います。
大将に、この店の縁の話や料理の話、みんな直接聞いて楽しんでください。
今日いただいた 蟹さんです。
松弥 1-至福の4次元料理―_a0194908_15375959.jpg

(飯田さんとスカイライン話のときの写真をさしかえて、下手な絵を付け加えてみました。)

http://www.kateigaho.com/recommend/report/osaka/20100809_321.html
大阪市北区西天満4-2-7 昭栄ビル北館1階
06-6367-0570 
松弥

# by zuitoshou | 2011-01-24 15:53 | 和食、すし