人気ブログランキング |

カテゴリ:読書、歴史( 25 )

永遠の0

永遠の0

ゼロ戦、大和、
過去のシンボルを礼賛する右傾化思想の映画
という見方。。。
a0194908_2334345.jpg

ただ、決して、特攻、戦争を美化しているわけでも
肯定しているわけでもない。

愛と青春の旅立ちとかトップガンなんかも
かっこいいと思ってみる見方もできるし、、、
単なる右傾映画とみることもできる。
a0194908_23345583.jpg

アメリカ映画なんて
ある意味、どうとも
とれることもある。。

ただ、いまの日本人
特に、いま、30代から60代ぐらいまで
ふくめて、現代史をきっちりとまなんでいない。
そういう弱さが、
韓国や中国の
思想攻撃に負けている意味では、
a0194908_23352283.jpg

一種の戦争を伝える映画としては
評価してもいいのかもしれない。

ただ、とりままきが、
特に、首相とつきあいあるだけに
右傾化のそしりは免れない。
a0194908_23354559.jpg

岡田准一が
ひたすら
かっこうがいい。。。。
a0194908_2336596.jpg

架空の物語で
こういうものを
書くなという人がいるが、
それをいったらおしまいかな。。

ただ、この作家の
文章は、かなり、稚拙です。
小説は遠慮しときます。
母がくれたけど、、、ね。
a0194908_23362739.jpg

とおのはくれた
海賊と呼ばれた男も、、
a0194908_23364755.jpg

文章が稚拙で読み進みません。。。。
a0194908_2337196.jpg

by zuitoshou | 2014-02-24 06:32 | 読書、歴史

RUSH ニキラウダとジェームスハント

RUSH ニキラウダとジェームスハント

今のブログはここです。
http://zuitoshou.blog.fc2.com/

1976年という1年のF1の熾烈な戦いを通して
ライバルというものの関係を
考えるというか
楽しむ。。。
クールで楽しめる作品でした。
車もかなり、ディティールまで再現したとか
a0194908_23173539.jpg

単純に
すごく
楽しめる映画です。
a0194908_23175884.jpg

人生で
どの場面でもいいので、
このようなライバルに
めぐまれるというのはすごいですね。

ちなみに、ジェムスハントは医学部中退なんです。
a0194908_23182850.jpg

ニキラウダの熱傷も40日ほどで
復帰させるのも
医療団も大変だったでしょう。
植皮に気道熱傷、、、、など
a0194908_23185022.jpg

当時は25人のうち2人毎年死ぬような
危険なモータースポーツだったようですね。
a0194908_23192224.png

個人的には
この年
参戦していた6輪のティレルもすこしみたかった。
a0194908_23194011.jpg

いずれにしても、
男子は楽しめますよ。
終わってから、注意して運転して帰りました。
a0194908_2320154.jpg

a0194908_23202288.jpg

by zuitoshou | 2014-02-20 06:14 | 読書、歴史

五山のおくり火の日に、 7人のシェイクスピア

病院は夏休み中ですが、
木曜日の出張に仕事はします。
福知山に行きました。
しかし、普段こまない電車が帰りはこんでいたので、
グリーンに、、
でも太いおじさんが横で最悪、
なんかたばこの臭いもきついし、、、
混むのはいやだね。
a0194908_14302344.jpg


a0194908_1431278.jpg
帰り京都でおりたけど、
五山の送り火だったことを
思い出して、さっさと帰ることにしたしだいです。
ところで、
7人のシェイクスピアという漫画
a0194908_14325162.jpg

これもシェクスピアの才能はどこで
はぐくまれたのか?
という文学史のナゾに迫った漫画です。
おもしろいわ。。

by zuitoshou | 2012-08-26 06:28 | 読書、歴史

京都の霊前 を読んで と 祇園祭 


歴史アドベンチャー
シリーズの最終話で、ある
a0194908_143535.jpg


六角堂にふらっと、
ここは、聖徳太子が法隆寺建設の木を探しにきたとか、
京都のへそであるとか、
桓武天皇が移動させたとか。。
やはり、京都は秦氏が開拓し、支配していたのだろう。、
蘇我系の聖徳太子などが、
すでに、本当は、天皇であったことをしめすような
ものの気がする。
a0194908_171074.jpg


この話のポイントは
世間一般でいわれるような功績を遺した
聖徳太子、推古天皇の実在が疑われるということ。
すなわち、それに類する人物はいるけれども
実際は、我々の認識する人物像とは異なること。


蘇我氏は、天皇もしくは大君であったということ。
したがって、天皇をしのぐ勢いの勢力ではなかったということ。
そう、すでに、天皇だったんですよ。


今年の祇園祭は
木曜日にはいがいと山車はできあがっているのに、
あまりすすんでいない。
a0194908_183372.jpg



乙巳の変は、蘇我氏から天皇、大君の位を奪う
クーデターであったこと。
それを、隠ぺいしたのは
藤原氏であること。

また、蘇我氏自身も
それ以前の、有力な勢力
物部氏、葛城氏、秦氏などの
勢力から王位を奪い
おそらく、過去を隠ぺいしたということ


交通規制がかかる前で警官が信号操作しているわ。
a0194908_19108.jpg


というわけで、
乙巳の変の前の
日本は大陸勢力や亡命勢力の
混在した、それなりに動乱の時代であったのだろうか。
a0194908_194888.jpg

by zuitoshou | 2012-07-22 06:02 | 読書、歴史

古代の戸籍 

古代の戸籍 

そうやね。書くことたまっているけど
今日のニュースはこれかな。。
戸籍、、
これができるということは、人間の管理ができてきたということやな。。
しかし、600年になって、というのは、どうなのかな。。
ローマや秦や
もっというとエジプトは、、、
はるか昔の話ですよね。
a0194908_9295796.jpg


以下は新聞から

古代の戸籍編さんの実態が浮かび上がった--。福岡県太宰府市の国分松本遺跡から出土した戸籍計帳関連の木簡。一人一人の住民の異動状況を詳細に書き込み、さながら当時の住民異動届や世帯変更届の観がある。大宝律令(701年)以前の表記もうかがえ、チェック済みの印も残るなど、謎に包まれた飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)=689年=時代の、住民を支配管理したシステムに光が当たった。

 木簡に書かれた16人は人名のほか、戸主の表記、母、子、妹の続き柄、「進大弐(しんだいに)」の冠位などの個人情報が記録されていた。転入など増加を示す「有」「附」、転出など減少を示す「去」、戸の再編成を示す「二戸別」といった異動状況も詳細だった。木簡表側、最初の文字の右上に記された曲線は、内容をチェックしたことを示す印(合点<がってん>)だという。東野治之・奈良大教授(日本古代史)は「大宝律令の支配管理制度が、それ以前から地方に行き届いていたとは想像していたが、それが生の形で確認できた」と話す。

 平川南・国立歴史民俗博物館長は、木簡が男をまとめて先に書き、同じ氏を省略する記号「次」を記している点に注目する。この表記スタイルは現存最古(702年)の戸籍のうち御野(美濃)国だけにみられ、残る筑前・豊前・豊後の西海道各国は戸主、妻、子供の順に書く様式を採っている。御野国戸籍は飛鳥浄御原令による表記法の可能性を指摘されており、「大宝律令以前の戸籍は男をまとめて書いたのだろう。当時は兵士徴発が重要で男を優先した。だが大宝律令後は女性にも課税する必要から、一人一人を確実に管理する様式になり、それが現代にまで続いたのだろう」と推測する。

 一方、計帳はこれまで、大宝律令以前の存在が疑問視されていた。これに対し坂上康俊・九州大教授は「木簡には一つの里の1年分の異動情報が書かれているとみられる。戸をわける表記もあり、戸籍を前提に異動を書き込んだ、実質的な計帳の基礎資料ではないか」。その上で「戸籍は6年ごとに作り直される。690年の庚寅年籍(こういんねんじゃく)は696年に直され、その時の戸の変動を木簡は反映しているとみられるため、697年に作られた可能性が高い」と見ている。【大森顕浩】

とある日のハイハイタウンのれんげラーメン
なんとなく、つけ麺にしてみました。
a0194908_9302171.jpg
a0194908_9303814.jpg

by zuitoshou | 2012-06-13 09:30 | 読書、歴史

映画 宇宙兄弟

先週から、やたらと鼻水がでる。
思えば、去年は比叡山を鼻づまりで登り死にそうになった。
やはり、花粉症なんだな。。
寝ると蓄膿のようになり、つらい。。

朝は、一応、ランニング
パンの買出しをかねて、10kmほど、
さすがに、先週のハーフの影響か
暑いからかしんどかった。
a0194908_9492781.jpg


いろいろとまとめないといけない仕事を
ほりっぱなしにしていて、
それをしないといけないのに、

長女が中間試験終わったというので、
この映画見に行った。宇宙兄弟
まあ、一緒に来てくれる娘を持って、幸せですわ。
a0194908_9435425.jpg


テルマエがみたかったが、GWに子どもたちは見たようで。
こちらを選択。

毎週の日曜日のアニメ版もみてるが、
やはり、漫画が一番おもしろい。。

映画は、小、中学生の男子向きかな。
それでも、高校生の娘が宇宙飛行士になりたいと
思ったというから、
うまくまとまっていたのだろう。

先週読んだ漫画、
いよいよ、アインシュタインもでてきて、、
月ににはこうもりがいるらしい。
a0194908_9442015.jpg


こっちのスキピオとハンニバルの物語は、
塩野七生のローマの話と合わせて読むと、
よりわかっていいよ。
a0194908_944429.jpg

by zuitoshou | 2012-05-28 09:45 | 読書、歴史

翔べ麒麟

いづれの御時にか
少し前に読み終わっていたのですが、
この本読みました。
途中に昨日の復習もいれておきます。

本当に、辻原登の小説はすごい。
a0194908_1428539.jpg


歴史的な客観的事実を
うまく、もりこませながら、

それぞれの、人間の描写が
とても魅力的にかかれ、

その魅力的な人間の
おりなす、物語が、すばらしい。

さらに、細かい、デティールが
こりすいない程度にうまくかかれ、
冗長なところがない。
a0194908_14251768.jpg


恋愛あり、冒険あり、
奈良時代の日本からの遣唐使を軸に、
阿倍仲麻呂、玄宗皇帝、安禄山、楊貴妃、吉備真備などと
李白,杜甫まででてくる。
無名の日本人留学生 真幸の活躍もおもしろい。

阿倍仲麻呂というと、
遣唐使で唐にわたり、科挙に合格し、
玄宗皇帝に重用され、
側近として仕えたのち、
日本帰国を許されたものの
ベトナム方面に漂着し、
帰唐し、
ベトナム方面の管理者になり、
71歳まで、生きた人と
あまのはら、ふりさけみれば、春日なる、三笠の山も、いでし月かも
という歌はあまりにも有名。
杜甫、李白と親交があったのも有名。
a0194908_14254985.jpg


あんろくさんや、楊氏ともわたりあったのだろう。

そういう意味では、
ここで、書かれる阿倍仲麻呂の
官僚としての強さというのは、
実際、玄宗皇帝に重用されるには、
単純に優秀といういうだけではない
人間としての魅力などにあふれた人だったのだろう。

僕のなかでの、
阿倍仲麻呂のイメージが根底からかわる作品で、
楽しい小説でした。下巻の絵がきれい。
a0194908_14244414.jpg


そういえば、先月の芸術新潮はこんな特集やったよな。この人も濃いよね。
a0194908_14261315.jpg


このトマトジュースは濃厚です。
a0194908_14263332.jpg


この本を読み終えた頃
a0194908_14272748.jpg


食べたたけのこすし
a0194908_14275198.jpg

by zuitoshou | 2012-05-10 06:29 | 読書、歴史

未完 ネオファウスト ルードビッヒB グリンゴ

昨日のきよたの復習です。
a0194908_1452041.jpg


手塚の書いた未完のファウスト
1988-
朝日ジャーナルで書いていて、
大学時代オンタイムで読んでいて、
むちゃくちゃに、その死がショックだった。
僕の中では王貞治と手塚治虫は
この頃会いたい人だった。

当時 ビックコミックのグリンゴ
コミックトムのルードビッヒBと、、
どれも先が読めずに残念な作品。。

ネオファウスト
タイムスリップのシーン
若さを取り戻していくシーン
a0194908_13544792.jpg


復習のつづきのデザート
a0194908_1461693.jpg


ルードビッヒB
月光のシーン
a0194908_1355937.jpg


復習の飲まれたお酒さんたち
a0194908_1464368.jpg


グリンゴ
日本人とは、、、
なぜ働き蜂か??を問う。
a0194908_13552390.jpg


どれも、読み応えありますわ。

そういえば、009は弟子たちが完結させるとか。。。
すごいな。。読みたいな。

by zuitoshou | 2012-05-03 06:00 | 読書、歴史

火の鳥 乱世編

まずは昨日のチレージオのダイジェストですよ。
a0194908_1329850.jpg



平清盛と源義経というキャラクターが
源氏と平氏を代表するものとしてかかれ、
対立する勢力の争いの矮小さを描いたもの。
1978年から1980年に
マンガ少年に連載され、これはオンタイムに
楽しんだ火の鳥のひとつです。
a0194908_13415781.jpg


黎明編 1967 com
未来編 1967-68 com 
ヤマト編 1969-70 com
宇宙編 1969 com
a0194908_1340316.jpg


鳳凰編 1969-70 com
復活編 1970-71 com
羽衣編 1971 com
a0194908_1341527.jpg


望郷編 1976-78 マンガ少年
そして乱世編
a0194908_13412835.jpg


乱世編より前の作品は
乱世編をオンタイムで読む頃に発売された
総集編で読んで以来。
どれも、読み応えがあります。

なかでもすきなのは
鳳凰編かな、吉備真備なんかもでてきて、
鳳凰と鬼瓦。権力闘争。私憤。名誉。公への怒り。
なかなか、重厚なドラマで好きです。

まあ、機会があれば読んでみてください。

by zuitoshou | 2012-04-29 06:30 | 読書、歴史

共喰い

共喰い

今は昔2012年2月19日 日曜日
朝から今日も10㎞
a0194908_23422483.jpg


5㎞先のパン屋さんに、
買い出し
戦利品です。
a0194908_23415098.jpg


1時間ぐらいで走る分には
そうしんどいと思わなくなりましたが、
今日も家内と一緒です。
子どもはパンを作ってました。
これがいがいにうまい。
a0194908_2343332.jpg


午後から自治会の会議に参加2年後ぐらいに
役が回ってくるので、

それにしても、
老人になると、、、、、
なかなかつらい会議でしたね。
まあ、いつかは自分もと思うと老いというのは、難しいですね。
かっこうよく老いたいな。

そういえば、芥川賞の作品
共喰い、、
a0194908_2344888.jpg

選評も読んだが、、、
んー僕には
この、血と性の物語と
その結末のやりきれなさと
あまり好きではない小説の部類である。
ただ、内容のグロさに比較すると
文章が妙に軽快で明るい色彩を
思わせる青春小説様でもあり、
最後まで読み切ることができたのは救いだった。
a0194908_23452066.jpg


あと、図書館で
辻原登さんの本を借りてきて、、
今週はもう一人の芥川賞も読もうかと思ってる。

図書館にへんなキャラがおいてある。
a0194908_23454961.jpg

なんなんやろう。。。
a0194908_23465871.jpg


そのあと、業務用スーパーで
日向ぼっこしているドリアンみつけ。。。
買ってませんよ。
a0194908_23461712.jpg

日曜日がちかずいてきた。。。
あまりにおいしかったきよたのダイジェスト
a0194908_2347294.jpg

by zuitoshou | 2012-02-23 06:00 | 読書、歴史