人気ブログランキング | 話題のタグを見る

翔べ麒麟

いづれの御時にか
少し前に読み終わっていたのですが、
この本読みました。
途中に昨日の復習もいれておきます。

本当に、辻原登の小説はすごい。
翔べ麒麟_a0194908_1428539.jpg


歴史的な客観的事実を
うまく、もりこませながら、

それぞれの、人間の描写が
とても魅力的にかかれ、

その魅力的な人間の
おりなす、物語が、すばらしい。

さらに、細かい、デティールが
こりすいない程度にうまくかかれ、
冗長なところがない。
翔べ麒麟_a0194908_14251768.jpg


恋愛あり、冒険あり、
奈良時代の日本からの遣唐使を軸に、
阿倍仲麻呂、玄宗皇帝、安禄山、楊貴妃、吉備真備などと
李白,杜甫まででてくる。
無名の日本人留学生 真幸の活躍もおもしろい。

阿倍仲麻呂というと、
遣唐使で唐にわたり、科挙に合格し、
玄宗皇帝に重用され、
側近として仕えたのち、
日本帰国を許されたものの
ベトナム方面に漂着し、
帰唐し、
ベトナム方面の管理者になり、
71歳まで、生きた人と
あまのはら、ふりさけみれば、春日なる、三笠の山も、いでし月かも
という歌はあまりにも有名。
杜甫、李白と親交があったのも有名。
翔べ麒麟_a0194908_14254985.jpg


あんろくさんや、楊氏ともわたりあったのだろう。

そういう意味では、
ここで、書かれる阿倍仲麻呂の
官僚としての強さというのは、
実際、玄宗皇帝に重用されるには、
単純に優秀といういうだけではない
人間としての魅力などにあふれた人だったのだろう。

僕のなかでの、
阿倍仲麻呂のイメージが根底からかわる作品で、
楽しい小説でした。下巻の絵がきれい。
翔べ麒麟_a0194908_14244414.jpg


そういえば、先月の芸術新潮はこんな特集やったよな。この人も濃いよね。
翔べ麒麟_a0194908_14261315.jpg


このトマトジュースは濃厚です。
翔べ麒麟_a0194908_14263332.jpg


この本を読み終えた頃
翔べ麒麟_a0194908_14272748.jpg


食べたたけのこすし
翔べ麒麟_a0194908_14275198.jpg

by zuitoshou | 2012-05-10 06:29 | 読書、歴史