人気ブログランキング | 話題のタグを見る

花はさくら木

今は昔2012年2月12日 日曜日
家内を連れ出して、ついに、5km先のパン屋までパンを買いに行きました。
10kmですね。往復。。
戦利品です。
花はさくら木_a0194908_14192516.jpg


ほんでもって、
花はさくら木_a0194908_14194482.jpg

早くあたたかくなるとよいのですが、
花はさくら木_a0194908_142046.jpg

桜餅などです。
花はさくら木_a0194908_14202669.jpg



花はさくら木
辻原登さんの作品で
大仏次郎賞をとった作品です。
さすがに、このレベルの作家になると
筆力と構成力と表現が違いますね。
私の大嫌いな某林云々女史の駄作とはえらい違いですわな。。
花はさくら木_a0194908_14204737.jpg


もとは朝日新聞の連載小説

時代は、10代将軍家治の時代。
大阪は鴻池、北風が商売人として大成し、金融を牛耳っていた。
財力を武器に幕府転覆、豊臣再興、勤皇を企てる。
その陰謀は朝鮮や明も巻き込むような壮大なもの。
琵琶湖の湖賊が朝鮮から連れられた末裔であったり、
京都の地下の通路があったり、伏見にある北風の閘門。

その家治の青年武士 田沼意次が幕政改革に乗り出している。
農村経済から町人経済。
商都大阪を廃して江戸にもってきたい幕府

田沼の出身の紀州藩と朝鮮と北風に内通する対馬藩
ひとつの軸はその対決のライン。

その中での街の描写
舞台は京都とにぎやかな大阪
淀川の交通路の描写
枚方のくらわんか船なんかもでてきます。
大阪市内の上町筋がでてきたり、
(著者は昔、このあたりにいた)
横の軸として、
主人公は北風の娘と田沼の家来青井三保という侍その恋。
それに、内親王智子、後の後桜町天皇が友人として話が絡む。
当時の洒脱な文化人与謝蕪村、不夜庵なども色を添える。

秀吉の普請好きの話もおりまぜ、
虚実おりまざった。
絶妙のテンポある小説です。
   

 

by zuitoshou | 2012-02-17 14:18 | 読書、歴史