奈良マラソン2011 後に 結局とん太に

先週から続いた奈良マラソンがらみもようやく終り、
今は昔2011年12月11日ですが、
走ったのち、
球場をあとにするわけですが、
その前にヨシケイのブースの
鶏肉塩だれ焼きです。
a0194908_15582216.jpg

200円で、おっちゃんが作ってくれます。
a0194908_155891.jpg

そのあと、駅に変えるのに、
なんともぐるっと回らなければならず、、
足も痛いので、、
誘惑に負けて、バスに乗ってしまいました。
途中、奈良ドリームランドが廃墟と化しておりました。
a0194908_15585340.jpg

その後、みなと、JR奈良駅で落ち合い、
車で、温泉につかり、
いきなり、サウナにはいるという暴挙を
おかしながら、
水風呂で、下半身を冷却、、、
a0194908_15591212.jpg

車で大阪に戻りましたが、17時とはやがけすぎて、
店がなかなかないなあ、ということで、
とんかつやにいくことにしました。
京橋のとん太です。

ハンバーグに
a0194908_15595278.jpg

盛り合わせに、
a0194908_160462.jpg

ぶたしゃぶに、、、
a0194908_1601639.jpg

野菜
a0194908_1603263.jpg


先週気になったのはこのニュース
日本書紀や万葉集に登場しながら所在地が不明だった古代のダム「磐余池(いわれいけ)」
とみられる6世紀の池の堤跡が奈良県橿原市東池尻町で見つかり、
橿原市教育委員会が15日発表した。
 池は国内最古で、堤跡の上では、大型建物跡も発見された。
磐余池のほとりに造ったとされる聖徳太子の父・用明天皇の
「磐余池辺双槻宮(いけのべのなみつきのみや)」の可能性を指摘する研究者もおり、
飛鳥時代以前に大和王権の中心地にもなった「
磐余」地域の歴史を解明する大きな手掛かりとなる。
 市教委によると、見つかった堤跡は80メートル分。
低い丘陵の上に土を積み重ねた構造で、高さは池の外側で約3メートルと推定。
堤は周辺地形から、全長330メートル、最大幅55メートルの規模とみられるという。
池の面積は8万平方メートル前後とみられ、こ
れまで最古とされた7世紀初めの大阪府・狭山池の3分の1程度の池だったらしい。
 大型建物は南北17メートル以上、東西4メートル。
時期が6世紀後半ごろで、用明天皇の「磐余池辺双槻宮」の時期と重なる。
 朝鮮半島由来の大壁建物と呼ばれる6世紀後半以前の建物跡も見つかり、
土木技術にたけた渡来系集団が池を造ったとみている。
 日本書紀などは、「磐余」の地名を冠した4人の天皇の宮や池にまつわる物語を伝える。
万葉集は、謀反の罪に問われた天武天皇の子、
大津皇子が磐余池の堤で詠んだとする辞世の歌(巻3・416)を載せる。
 調査した平岩欣太文化財課保存係長は「調査地西側にも建物が想定される。
継続調査で池の実態を明らかにしていきたい」と話す。
a0194908_161141.jpg

 
 <和田萃・京都教育大名誉教授(古代史)の話>現場周辺は池を造るのに適した場所。池にまつわる小字名も残り、磐余池とみて間違いないと思う。大型建物跡は池を眺めたテラスのような施設の可能性もある。
 <上野誠・奈良大教授(万葉文化論)の話>東アジアの宮殿庭園をモデルにした池で、見る場所で変化する景観を天皇が楽しんだのだと思う。当時は有名な池だったので、大津皇子もここで歌を詠んだのではないか。
[PR]

by zuitoshou | 2011-12-20 15:57 | ゴルフ、自転車、ランニング