人気ブログランキング | 話題のタグを見る

町の風景 と グリーンフラッシュ

今は昔
2011年11月29日
なんとなく、足元をみてると
マンホールが
茨木のマンホール(着色版)
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13304870.jpg

茨木のマンホール(マット
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_1331236.jpg

高槻のマンホール(着色版)
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13311678.jpg

街路樹をみていると、
木の番号札を
食べている木をみつけた。
んーって感じ?
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13313139.jpg

戦いの後。。
むなしい。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13315851.jpg

その日の夕景
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13321749.jpg

もう一枚。
冬の夕方はさみしい。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13324797.jpg


今は昔2011年12月1日
茨木の駅前。。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13331940.jpg


なんかわざとらしい。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13333022.jpg

なんかチープ。。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13334445.jpg


世の中にはふしぎな光景があるものだ。。
グリーンフラッシュというそうです。。
きれいですね。
ちなみに、グリーンフラッシュとは、


沈む夕陽の上に緑色の二重の円弧が現れた。チリ、アタカマ砂漠のセロ・パラナル山(標高2600メートル)から撮影された珍しい「グリーンフラッシュ」現象だ。 グリーンフラッシュは、斜めの太陽光が地球大気によって屈折、散乱するときに発生する光学的効果。日没の直前、または昇日の直後に緑の光が一瞬またたく。 夕日・朝日は、波長が長い色が散乱せずに地上に届くために赤い。空気が非常に澄んだ条件下では、より波長が短く屈折率の大きい緑色の光が加わり、太陽が隠れた瞬間その頂上に現れる。(Photograph courtesy Gianluca Lombardi ESO)
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13345027.jpg

大気によって歪んだ月の上縁に、かすかな緑色の光が現れた。地平線に沈む月や太陽でごく稀に発生する「グリーンフラッシュ」という現象である。南米チリのアタカマ砂漠にあるヨーロッパ南天天文台(ESO)の超大型望遠鏡VLT付近で撮影された。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_1336591.jpg



 イラン西部を南北に走るザグロス山脈から望遠鏡で撮影した夕日。太陽が地平線付近まで落ちると、地球の大気層によって太陽光が屈折し、少しつぶれた姿になる。
町の風景 と グリーンフラッシュ_a0194908_13361540.jpg

奈良マラソンまで
あと3日かな。

ひとこと、やはり、教師の再教育も
指導できないのはおかしい。

教育の目標設定に政治介入がだめなら、
教育委員会のみで、きめるのは、もっとおかしいだろう。。
一般の父兄の思いが反映されない
教育委員会なんて、意味がないわ。
その辺の不満が陰山にはわかってない。
まあ、それだけの教師なんだろうけど。。。
推してはかるべし。

by zuitoshou | 2011-12-08 06:29 | 徒然草