FUJIYA 1935 2章目 秋を感じながら、、今をときめくお店で、、男2人で

FUJIYA 1935の2章目
昨日の続きですね。
a0194908_18394683.jpg


パスタトラットデマーノ 人参と猪 黒胡椒
生の人参(にんじんジュース)で煮込んだ猪。そうやね。猪に、人参の香りとがマッチ
して、やさしい味わいやね。黒胡椒はアクセント。パスタは手延べパスタ(手延べソーメンの要領で、、、と)
野菜は人参なんかな。ヤングコーンのような甘さがありました。
これはよくできた一品ですわ。
a0194908_1840283.jpg

赤ワイン(SOLO) 900円
a0194908_18402053.jpg

和歌山の赤むつ シュクリーヌ
黄色いのは卵黄とにんにく、 
泡はぶどうジュースとミルク 
中央はシュクリーヌの茎も
むつは上手にやいてるわ。
皮のパリと白身のしとやか感がのこって、
ソースと泡とで、違う味に変化するわ。
a0194908_18404596.jpg

燻製にしたフォアグラ しょうが さつま芋
フォアグラにあわせた甘―いさtsまいも、それにほのかなしょうが味。
オレンジっぽい色がさわやか
見た感じを春っぽさを感じるぐらいの明るい皿です。
飴色がきれいですね。
赤に入る前の色使いなのかな。。
a0194908_1841161.jpg

蝦夷の子鹿 赤いソース
赤いビーツのソースに赤いたまねぎ、
赤キャベツ、アラマンサス、ラズベリー
ひたすら赤い皿ですね。。
テーマのある皿でよいね。
もえるような赤い空みたいな。。
鹿の味だけだと、弘屋で食べた、親鹿のほうが、味は深いなあ。。
a0194908_184513100.jpg

シェフのメニューみたら、
ちゃんと書いてありました。
燃えていくパワーをいただきます。。と。。
a0194908_18455628.jpg

3階のトイレに散歩
a0194908_18464992.jpg

スタイリッシュ
a0194908_1846335.jpg

屋根から木がはえてる。
a0194908_1847875.jpg

これは、シェフの研究部屋やな。。
a0194908_18472736.jpg

そうそう、探索してる場合ではない。
デザート
栗がテーマやね。。
a0194908_18482051.jpg

つくば 焼き栗 栗の皮で焼いているみたい。。うめえ。
a0194908_18483821.jpg

栗のプリン コーヒーとラム酒のゼリー  
おいしいけど。コーヒーとラム酒が栗のプリンの香りと味を少し邪魔するかな。
コーヒーとラムが勝ってしまうのかな。
栗のデザートって、実は難しいやろうな。
栗きんとんとモンブランが究極の形が出来上がってしまってるからな。。。
みなさんがんばってください。
食べる方はほんと無責任や
a0194908_18491144.jpg

温かいりんご シナモンとバニラのソース
これも、おいしいわ。。
焼きリンゴっぽい。
僕は、
酸味と甘みのデザートって、
なんか、初恋というか。
若い頃の,恋というものが何かもわからない時に
心の中に浮かんだ感情のような
そんな雰囲気を思い起こさせてくれるので、
すきなんやな。。
美味しいです。
a0194908_18494416.jpg

出来立ての生チョコレート
これは、チョコレートを液体窒素でいっきにこおらせるのかな。
a0194908_1852891.jpg

カモミールのハーブ
a0194908_18523061.jpg

お花、、
a0194908_18524783.jpg

シェフ仕事中
a0194908_1853760.jpg

夜のコースは10500円です。
a0194908_1853291.jpg

確実に次世代の料理界をになう人の料理を
オンタイムで食べれる幸せを感じながら、、
きっと、プレッシャーもあるだろうなと思いつつ。。
僕は、結構、この藤原哲也さんの料理 好きなんですよ。。
修行しただけでは身につかない、
このシェフの気持ちがね。。
高みや極みに近ずこうとする気持ちというか。
そんな思いが伝わるというのか。。。


3年前のメニューです。
a0194908_1855106.jpg
a0194908_18552310.jpg
a0194908_18553570.jpg

店をあとにして、
こっちも、ふじ家さんはおじさんにあたるのかな。
一回行きたいなと思いつつ行ってないけど。。
a0194908_18535846.jpg


2004年5月25日スペイン 
彼の修業先に敬意を表して
破たんせんといてよ。スペイン
a0194908_191779.jpg

[PR]

by zuitoshou | 2011-11-21 06:36 | フレンチ