ゼー六 と 才六 と 贅六 と 桜宮

今は昔2011年10月13日 木曜日です。
この日も自転車で茨木から大阪市内へ
例の橋を渡ります
a0194908_12119.jpg

途中の桜宮神社がありました。
a0194908_101791.jpg

なんとも、ラブホテルに埋没した神社ですね。
a0194908_104061.jpg

【御祭神】 天照皇大神
【由緒】もともと東成郡野田村にありました。元和六年(1620)の大和川洪水で社殿が流され、この近くに漂着したためその場所に社殿を再建しましたが、低地であったことから、宝暦六年(1756)あらためて現在地に移されました。なぜ、大和川かと思いましたが、古い時代は大和川がよく氾濫したんですね。
a0194908_16337.gif

数度にわたる火災のため神宝・旧記等はすべてなくなりました。
明治四十年以降、兔我野町の若宮八幡宮、鯰江町の新喜多神社、毛馬町八幡大神宮、善源寺町の産土神社を合祀しました。
このあたりは、むかしから桜の名所として知られており、明治十八年(1885)の大洪水により一度荒廃しましたが、その後大阪市により毛馬桜ノ宮公園として整備されました。
a0194908_11129.jpg


たしかに、このあたりの大川べりのところに、
古い、柵のようなものがあります。
水位の管理がされていない時代、この柵の高さでは
水害もおおかったろうに。。
a0194908_113222.jpg


今のタイの洪水も尋常じゃないけど、
こんな感じになっていたのでしょうね。
a0194908_1255193.jpg

こんな作戦は意味があるのかな。。本当に。

整地された例の砂浜
さっきまで子どもたちが遊んでましたが、
冬は人がいない砂浜はさびしげ。。
夜に恋人同士が、帝国ホテルのライトアップ
みながらすわるようにでもなれば、、いいけど
ならないわなあ。。。。
a0194908_141567.jpg


大阪中央区の東横掘川から本町通りを西に行くと
昔からの木造の喫茶店がある。
ゼー六というアイスクリーム
a0194908_153894.jpg

100円です。
1913年に創業されたという。
ゼー六三十日(みそか)堂という和菓子屋だったそうな。
大正2年ですね。
今の建物は1927年(昭和2年)に改装したものだそうな。
今は兄弟ののれんわけで3つあるそう。
そんなことも知らないで、ときどき食べていた
このアイス。
ほんと、なんかおいしいねんなあ。
ある意味、大正、昭和初期を振り返れば、
画期的なスイーツですよね。
懐かしい味ということがおこがましいほどに、、、
a0194908_164190.jpg

ちなみに贅六というのは商人に無用なもの6つだそう。
禄、閥、引、学、太刀、身分
ところが調べてみると
贅六はもとは上方では才六といって、青二才のことをいうようで、
それが、江戸ではなまって贅六になったという。
上方贅六とは、どうも、江戸ッ子が上方の人をののしって言う言葉というのだ。
江戸の人は贅沢を6つ知っているので、上方の欲張りをさげすんだとうのだ。
a0194908_1134036.jpg

でも、上方の才六は「機敏・忍耐・工夫・利発 ・発明・要慎」の事なのだ。
さらに、調べると、
1811年(文化8)に刊行された『客者評判記』には、
「上方の才六めらと倶一(ぐいち)にされちゃアお蔭(かげ)がねへ」などとある。
関西の長い文化に対する江戸コンプレックスという人もいる。
今は逆なのかな。。。
a0194908_110196.jpg

とはいえ、贅六はある意味。
江戸っ子の馬鹿にした言葉が
逆に、上方に舞い戻って、
一種のいましめみたいないい意味にとらえられたりしたのかなあ。。
ゼ―六とにかくうまいですよ。。
a0194908_1103633.jpg

大阪マラソン11日
a0194908_12535296.jpg

ミシュラン発売でしたね。
個人的には弧柳の3つ星
キュイジーヌ フランセーズ きよたの1つ星
うれしいですわ。
まあ、旅行ガイドブックですから、、これまでどおりに!!
[PR]

by zuitoshou | 2011-10-19 05:58 | 徒然草