人気ブログランキング |

天満 鮨ろく と 何と呼ぶ9.11と3.11

今日は俗に9.11という日だ。
日本人もきゅーてんいちいちと呼ぶ。
今回の東日本大震災も3.11と呼ぶ
最近はさんてんいちいちと呼ぶ。

何の話かというと、
昔、1932年5月15日 大日本帝国海軍将校による反逆事件。犬養毅首相が暗殺。この事件は五一五事件と呼び。ごーいちごーと発音する事が多い。

1936年2月26日 日本陸軍皇道派の影響を受けた青年将校によるクーデター。高橋是清蔵相や斉藤實内大臣を暗殺した事件は 二二六事件という。にーにーろく事件と発音する事が多い。

別に、大した問題ではないが、
てんがはいるかはいらないか。?
これも、アメリカナイズされた日本の象徴なのかと思った。
時代の流れは、こんな些細なことにも表れる。


今は昔2006年のあまから手帳に西天満の新店として
鮨ろくの記事がある。
a0194908_1285896.jpg

うわさには聞いていた勢いのあるお店
2011年9月9日にはじめて、友人につれられて
訪問した。
屋号の鮨ろくは文字通り2006年開店ということ。
a0194908_1294824.jpg

2006年の記事には思い切った塩。酢より塩がきいているとある。
サーブはご主人のあかあさんとあるが、
今回の訪問時は、そんなに、強いしお味は感じなかった。赤酢の利いたしゃりです。
ただ、それほど酢がきいているわけではない。
サーブは奥さんに、、、
そんな時代の流れを感じつつ、
a0194908_1302776.jpg

まずは、つまみは
まぐろ、たい、いかです。 (塩としょうゆがでてきました)
はもと松茸の椀物  (おなかがきゅっとなります)
なすびとワタリガニ  (これはおいしい。なすびとこれほどあうとは、、)
あぶった烏賊に烏賊の内臓のソース、七味  (ときどき、七味を出す店があるが、鮨屋で七味を食べるのはあまり好きではない。味覚がぶれるから)

ここからにぎりです。
たまめ (うーん聞いたことない。長崎で夏から秋にかけてとれる。笛吹き鯛のことでした。これはうまいわ。旬ッて感じがする。下に写真を)
大間のまぐろ (おいしいわ。)
こはだ (しゃりとのバランスがいいな)
まぐろづけ (やや厚めのネタです。素直においしい)
かつお (これは意外に、うまみが少なかったなあ。)
うにどんぶり (淡路と壱岐のウニ、淡路は磯の香りに食べてからの濃厚さ。壱岐は食べてすぐからのうま味。別に食べて、最後一緒に食べて、、、もっと食べたいのう)
あなご (ほー、このタイプのものにもあうのね。このシャリは)
はまぐり (これはすごい。それは下ごしらえが、うまい。ハマグリのうま味がすごく出てる。)
玉子  [しっとり芝海老のすり身がはいっているようです。ずっしり、しっとり感が素敵です。甘いので、このみはわかれるかもしれないが、おいしいよ。]
うめしそかんぴょう巻き
デザートは
まんご、なし、桃太郎(マスカットのようなやつの皮食べれるの)長野パープル(これはややこぶりの甘いぶどうでした。)

食事の間、生ビール2 杯 日本酒4合 のんだかな。(天青、正雪などかな)
17,500円かしら。もっと、ランクアップするんかなあ。
なんとなく、もう一貫何かあったような気がする。。

当然、また行きたいなあ。。

お店は桜の木のカウンターできれいなあ。
料理は直球ストレートです。
しっかりした仕事で、大将の人柄が感じられます。
人柄みたければ、このアドレス
http://www.food-culture.jp/waza/story09.html
ネタの種類はそれほど多いというわけではないんかなあ。
料理の写真はNGなので、みたい人は門上さんのものをどうぞ。
http://www.geode.co.jp/column/kadokami/2007/05/30/post_2.html
a0194908_133745.jpg

この日はよく行くバ―の10周年だったようで、
当然のごとく、こんでいるようで、、今日は帰りました。

それはそうと、先週走る予定の自転車のイベントのバッチが届いたわ。
走りたかったね。本当に。
a0194908_1342859.jpg

2006年アメリカレッドロックキャ二オン
a0194908_13532.jpg

そうそう忘れていた 笛吹き鯛
a0194908_148719.jpg

by zuitoshou | 2011-09-11 01:26 | 和食、すし