人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本

今は昔2011年5月18日ですが、SFIDAというお店に行きました。

店内です、若い女性やカップルで満席です。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_1337455.jpg



味来コーンのパンナコッタ、かだいふのあげもの
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_1333611.jpg


フォカッチャ
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13332552.jpg


あいなめのカルパッチョ、からすみふりかけ
この間の吉兆では鯛にカラスミでしたね。。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13334335.jpg


足高海老、リングイネ、アスパラ、フレッシュトマトソース
このパスタは、少し、ひねりがほしいですね。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13335948.jpg


鱸、茸の入りのリゾット(おこげにしたような)あおさを浮かべた出汁
おこげのようなリゾットは、なかなかの一品でした。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13341586.jpg


土佐赤牛のうちもも(まるうち)、ズッキーニ、万願寺
歯ごたえがあり、肉の旨みが出る感じ、肉汁は少ない。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13343123.jpg


美山の牛乳のジェラートなど
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13344268.jpg


非常に混んでいて、
ソムリエとも、サーブとも活気がある。
元気のよい感じのお店でした。

ランチとはいえ、パスタに、もう少し、ひねりをいれてもらうと、
いいのになあというところです。
これなら、おうちで食べる方が、、、、、

お店のトイレ、お花です。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_1335571.jpg


この花屋のカードも
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13352532.jpg



このお店はLa cimaというグループのお店のようです。
他にも、グループのお店があるようですね。
微妙な統制のとれかたはそのためですね。

Sfidaは挑戦、チャレンジ、困難とか言う意味のようですね。(イタリア語)
Cimaは頂上とか言う意味でしょうかね。(スペイン語)
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13372756.jpg


最近読んだ本で吉村昭の大津波―三陸海岸―
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13375545.jpg


この本読むと、本当に、温故知新というか。
今回の津波同様の被害が記録に残っている。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13381057.jpg


最近になって、原発も、津波より地震がきっかけとか。
津波対策はおろか、耐震対策も不備であったということになる。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13382694.jpg


ネットでみると、

土佐あかうしとは、
 日本の肉用牛である和牛4品種(黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種)のうち、高知県内でしか改良されていない褐毛和種・高知系の通称。高知県内では土佐褐毛牛とも呼ばれています。
特に牛肉流通においては高知県産褐毛和種として土佐和牛「土佐あかうし」で流通しています。
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_14104054.jpg

土佐あかうしの美味しさ
 土佐あかうしの美味しさは、赤身とサシのバランスの良さにあります。旨みを蓄えた赤身は、しっかりと28ヶ月齢程度まで肥育されることで、グルタミン酸やアラニンなど、旨みや甘みを感じるアミノ酸が豊富にあり、これは熟成させることで更に旨みが増します。特に甘みを感じるアミノ酸の総量は黒毛和種の2倍以上で、熟成により4倍にまで増加することが解っています。一方、サシと言われる霜降りは、入りすぎずに適度な量であることからヘルシーであると同時に、そのサシの細かさや融点の低さから、キレがよく喉ごしの良いこの牛独特の風味を生み出します。(黒毛和種が25から33℃なのに対して土佐あかうしは26℃。高知県畜産振興課調べ。)

この写真も2004年5月21日 スペインです。バルセロナだったと思うけど,赤にちなんで、
Sfidaのランチと大津波(三陸海岸)の本_a0194908_13401768.jpg


 

by zuitoshou | 2011-05-23 13:40 | イタリアン