人気ブログランキング | 話題のタグを見る

鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-

今は昔 2011年1月31日の一握り目のお話

寒い日です。本当に寒い。
お昼に珍しくお出かけしました。
実は、一日2食生活なので、昼ごはんをいただくと夜は食べられない。
となると、夜な夜な、冷蔵庫をあさる破目になることも、、、
(でも、その日の夜は結局、家でしっかり食べていました。)

鶴橋駅から鶴橋商店街や市場をぬけても、味わい深い通りあり。
鶴橋本通りのほうからもこられます。すし屋さんも多いので間違えないようにと、
グルメ握りで有名な 鶴橋 寿し吉さんです。たくさんの本にのっているお店です。

かにさんのにぎりと蟹さん
いきなり、蟹さんの握りだけでなく、蟹さんまでいただいて、
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_1474699.jpg

鯛と鱈のしらこ
鯛からいただきます。美味しいわ。
鱈の白子も美味しいわ。七味かしら
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_1481735.jpg


鰤(上にのっているのは赤ピーマンかな)とサーモン
何気に食べた鰤ですが赤ピーマンだったような、、、
少し、カルパッチョ風なのだが、この時期の鰤は旨みがあるので、いい感じでした。
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_1484270.jpg


フォアグラとめねぎ(ピントあっていませんね)
暖かいフォアグラからどうぞ。ということで、あーフォアグラがとけて、しゃりも溶けていく。
昔、どこかで一回フォアグラ握り食べたのだが、思い出せない。
めねぎをパックといくと、口の中はさっぱりします。
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_149282.jpg


いくら(アンディ-プの上に)とたまご(グルメたまご、フォアグラや松のみやクコのみやら)
さらに、いくらとアンディ-プで口はさっぱりとさせて、
グルメたまごっていうのか。これは、本当においしい。フォアグラの旨みもだけど、松のみの香ばしさが
すごくいいわ。これが足し算の妙ですね。
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_1492433.jpg


あなご
お連れがお腹いっぱいとのことで、かわりに、穴子のにぎりをにぎってくださいました。
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_1494641.jpg


お吸い物

お値段と内容を考えますと、満足というか、ほんとグルメ寿司で、足し算の妙とおっしゃいます。
このお店と大将の日本にここしかないことをしているという心意気の伝わるよいお店です。
また,伺いますよ。
ふと、思った。この大将が、今後もし、足し算でなく、引き算に妙を感じたら、
どういうお鮨になるのか食べてみたくなります。
とても、気さくでおしゃべりすると愉快になる大将です。
節分で72kのごはん炊いて、600本にぎるそうです。

節分やなあ。
もともと、節分とは、(季節)のわかれめの日のことで、もともとは立春・立夏・立秋・立冬の前日は、すべて節分といったそうです。
 春の始まりを告げる立春は旧暦の新年にあたり、1年の初めということで、節分といえば春の節分さすようになったようですね。
 現代でも、節分には豆をまいて邪気をはらい、1年の無病息災を願います。奈良時代に中国から伝わり、宮廷では「鬼やらい=追儺(ついな)」の儀式が行われるようになりました。文武天皇(706)年にはじめておこなわれたとか。今でも京都の平安神宮では、毎年節分に、「大儺之儀(だいなのぎ)」と呼ばれ、文字通り鬼を追いやる平安朝当時の行事「追儺(ついな)式」が綿密に再現されているそうです。
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_14101885.jpg

現在のように炒った福豆をまくようになったのは室町時代のことで、江戸時代に庶民に広まったそうです。もともと、米や豆には霊力が宿るとされ、これらをまいて邪気をはらうならわしがあり文化が融合していったのでしょうね。
節分の夜に、恵方(その年、おめでたいとされる方角)に向かって願いごとをしながら、太巻き寿司を一本丸ごと無言で丸かぶりして食べると、いい年になるといわれています。巻寿司は「福を巻きこむ」の意味があり、切らないのは「縁を切らない」、寿司の具は七福神にちなんで七種類とされます。こうなってくると、おそらく神や仏や習わしや複雑に融合してくるわけですね。発祥の地は大阪府船場とも愛知県ともいわれます。

僕の鬼顔のイメージですが、僕は鬼の顔はこの人だと思います。ウラジミール.プーチンさんです。
鶴橋 寿し吉―味に技あり、グルメにぎり-_a0194908_14132810.jpg



鶴橋 寿し吉
http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270205/27002867/
生野区鶴橋2丁目7の5 06-6712-6078

by zuitoshou | 2011-02-02 14:17 | 和食、すし