人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いちご狩り-ハウスの中は春-

今は昔 1月30日 日曜日のお話

いちご狩りが大好きでして、
というかいちごが大好きで、よく行くのですが、
本日は、初めて八尾のいちご狩り園に行きました。
今までは八幡、針、明日香などによく行きます。明日香は観光もかねてなのですが、
まだ、寒いですからね。今回言ったところは近鉄沿線の便利なところにありました。
土足でなく、上履きに履き替えるお店でした。地面もまっすぐに整地され、いわゆるバリアフリーといっていい感じで、かなり、きれいに整備されたハウスでした。もちろん、いちごの手入れも完璧です。人気の章姫(あきひめ)のみ作っているとのことでした。
いちご狩り-ハウスの中は春-_a0194908_13362582.jpg


 章姫は萩原章弘さんが「久能早生」と「女峰」交配した品種で1992年(平成4年)に登録され、静岡県を中心に東日本で多く栽培されています。サイズは女峰の約1.5倍あり、口当たりがやわらかく甘みも十分。形はやや長めの円錐形で、果皮はきれいな紅色をしています。糖度は高く(10度以上)、酸度は少ない(0.5-0.6程度)。休眠が浅く、暖地での施設栽培に向いているそうです。
いちご狩りですが、だいたい、最初に勢いで食べて10分もすると満腹ですよね。
いちご狩り-ハウスの中は春-_a0194908_13364917.jpg


 実はいちごの語源ははっきりしないそうです。『日本書紀』は「いちびこ(伊致寐姑)」とあり,“い”は接頭語“ち”は実の赤さの血“ひこ”は人をあらわすひこで植物を擬人化したものと語源辞典にでていましたが、 平安時代に入って「いちご」と転じていったと考えられているみたい。枕草子には覆盆子(ふくぼんし)として出てきます。中国からはいった呼び名のようです。キイチゴの実は熟すと食用になる部分がすっぽりとれ、跡にすり鉢状のくぼみが残ります。その様子がひっくり返した盆(元々の意味は壷)にみたてられたようです。 英名のStrawberry(ストロベリー)の語源は「Straw(麦わら)を敷いて育てた」や「Straw(麦わら)に包まれて売られていた」、「散らかす、一面を覆う、を意味するstrew(strawの古語)」などいろいろな説があるそうです。 
いちご狩り-ハウスの中は春-_a0194908_13371933.jpg

 
 日本で本格的にイチゴが栽培されるようになったのは明治5年のことだそうです。17世紀にオランダで始めて栽培されたオランダイチゴが、江戸時代後期に輸入されたのがきっかけのようです。この明治5年というのは知っていますか。?太陰暦から太陽暦にかわった年なのです。明治5年12月2日の翌日からグレゴリ暦(太陽暦)が採用され、明治6年1月1日になったわけです。12月3日から31日までの29日は事実上存在しない年なのですよ。
いちご狩り-ハウスの中は春-_a0194908_13373836.jpg


 それはともかく、最近気になるのは、糖度の高い食べ物の礼賛です。とうもろこしもトマトやほうれん草も年々糖度が上がっています。確かにおいしいし、子どもが糖度の高いものをのぞむのも分かるのですが、やはり、果物も野菜も酸度と糖度と見た目と食感で全体の味覚を感じると思うのですね。何でもかんでも糖度が高くなり、それが売れるので、品種が均一化してしまうのが、少し、残念ですね。025.gif
 もちとうもろこし、御所柿、和りんごなどは品種保存されていると先日新聞で読みました。トマトも昔の酸の強い懐かしいの食べたいですね。単なる、おじさんのノスタルジーなのかもしれないですが、
 糖度の高いものになれると、微妙な味の変化を感じない舌になるのじゃないかみたいな。。。
いちごは5-6粒で一日のヴィタミンCの必要量を取れるといいます。今しばらく寒そうですが、ハウスの中は暖かいし、楽しみに行ってください。
058.gif
いちご狩り-ハウスの中は春-_a0194908_13381498.jpg


よくいくイチゴ狩りの場所
大阪 八尾
http://www.grandberry.net/gb/
京都 八幡
http://www.osazen.com/ichigo/
奈良 明日香
http://yume9200.jp/itigogari.htm

by zuitoshou | 2011-02-01 13:51 | グルメ