人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スカイライン ジャパン-思い出の車-

スカイラインの開発をされていた桜井真一郎(さくらい・しんいちろう)氏が2011年1月17日、心不全のため死去した。という訃報を聞いた。スカイラインの父と呼ばれ 1代目から7代目の開発されたという方です。車が好きな男の子は聞いた事があるはず。

なぜ 今日の話はスカイラインかというと

スカイライン
5代目スカイライン 通称ジャパン
そのターボが僕にとっては、はじめての車だった。
車体は白
ヘッドライトは2灯の角型のライト
車体全体の雰囲気は、前方から後方にかけて直線的であり、 
車体横の黒いライン(黒車体のものは金色)がドアの後方まで切り上げるようにはいり、
2ドアの後方から車体の後ろに車体に三角面のきりあがり、凹面のフォルムを形作っていている。
テールランプは4つの2重マルです。
前方のバンパーには逆文字のTURBO(前の車からターボと読めるわけですね)
サイド下には2000GT TURBOのステッカー
僕の車はサンルーフが付いていた。


白いスカイラインの写真がなかったのでミニカーの写真
スカイライン ジャパン-思い出の車-_a0194908_19182141.jpg

5代目スカイラインの2000GTES ターボは1980年4月から1981年8月のニューマンスカイラインまで2000GTESターボが作られた。(5代目自体は1977年から作られている。)5代目は、初代からほどなく採用されていた4灯丸型から角型への変更。それは6代目鉄仮面以降にもしばらく続いていく。角型のライトは70年代から80年代に切り替わっていく流行の一つのような気もします。さらに、車体全体としては、この5代目までは、やや鈍重なイメージののこっています。重戦車のようにどことなく重たそうなイメージ。車重は実際は重くない。これ以降のスカイラインは流線型のフォルムが採用されていきます。おそらく、このイメージのチェンジも70年代の車から80年代へ変わっていく象徴のようなきもします。そういう意味では、70年代から80年代という時代における車のイメージ変遷の過渡期を象徴する車かもしれない。

黒いスカイラインの写真(暴走族ぽいな。僕は白いのに乗ってました。)
スカイライン ジャパン-思い出の車-_a0194908_19184030.jpg

 1986年の夏に、この白い5年落ちの中古のスカイラインが父親に買ってもらった僕の初めての車です。
 当時、同級生は中古車を買うときは5年落ち程度の車を購入するか。新車を買う子はソアラ、トレノ、レビン、プレリュード、CRXなど流線型をしだいにとりいれていわゆるかっこいい車、ジェミニ、シビックなどかわいい、色も派手な車、マーク2.クレスタというサルーン系の車など、選択肢が多様化している時代だった気がします。
 そういう意味では、なんだか自分の乗っている車は少し、ふるくさいな。という印象でした。大学1年のときでしたので、5年生、6年生の先輩は、いい車やなあとほめてくれたことを思い出します。(5,6年生からすると、先輩方が1年のとき売り出されたような車だったからでしょうね。) 外観はともかく、なかなか加速もよく、よく飛ばしましたね。直線は速かった。ただ、山道はしんどかった。6年間のりにのって、2万キロぐらいで買って、12万キロぐらい走りました。
ただ、6年間の間に、この車はしだいに、中古車として出回るようになると、改造車やいわゆる暴走族の車的なイメージが色濃くなってきたような気もします。まあ、道をよけてくれたりした良い面もあったし、山の中を族に追っかけられたりした思い出があります。また、古い話で申し訳ないですが、西部警察や特捜最前線などで覆面パトカーなどでもでていますので、いまでも、その勇姿をTVでみられますよ。それにしても両親に感謝です。
スカイライン ジャパン-思い出の車-_a0194908_1604291.jpg


考えてみたら I love JAPANなんてキャッチコピーなんてかっこいいのかなあ。と若い人は思うでしょうが、
いまは、おみやげ物屋であまり、みることがないけれども、当時は
I love NY .I love LA .I love SFなんてTシャツが定番であった気がします。
CMはチューリップの「I love Japan」それにしてもベタですよね。
高校生や大学生が、ポパイやブルータスを片手に電車に乗って、
その本のタイトルはどうやって女をくどくかとか、今考えても恥ずかしいタイトル。
ジャンプなどの少年誌からわたせせいぞうがハートカクテルなんかが掲載されているかっこいいマンガの時代へと
なぜか、わからないけど、アメリカというか外国的なものに国民全体があこがれていた最後の時代ですね。

まあ、最近は、外国に若者が出ないとか。説教じみたことを
やたらと言っている大人もいますが、僕的には、気にするなといいたい。
今、外国で何を学ぶ?外国行かないと学べないことあるの?という気持ちも正直あるなあ。
また、いずれ書きますが、グローバルとか、、それがすべてではない気がするよ。

2009年4月29日友人の結婚式で門司に行った時の写真
スカイライン ジャパン-思い出の車-_a0194908_1919457.jpg


僕の思い出になる車を世の中に出してくれた桜井さん、ご冥福をお祈りします。
また、19日に35歳で急逝した親戚のたくちゃん、ご冥福お祈りします。

by zuitoshou | 2011-01-21 19:24 | 徒然草