人気ブログランキング | 話題のタグを見る

シートン(探偵)動物記 柳広司 とシリーズ大自然の目撃者(NHK) シートン動物記

きまぐれブックレビューのお時間 1時間目です。

ジャンルにこだわる事なく、というかあまりこだわりがない性格なので、
乱読してきたのだけど。推理小説のたぐいはよく読んだ時期(小中学生頃)がある。
しかし、あの頃もっと、いい小説を読めば人生変わったかもしれない。
シャーロックホームズ、ルパンからはいりクリスティーのポアロやマープル、そして、
ポーやエラリークイーン、、、そしてアイザックアシモフへと、、
でも、いつしか、読まなくなった。

ミステリーの面白いところは推理のトリックもですが、時代背景の書き込み具合やその時代の習慣や風俗が書き込まれることが多く。読んでいる間はその世界へのタイムマシーンのような気分になる。
かえって、他の小説では、バックグラウンドより、当然、主題が重視されるので、バックグラウンドを書き込むと冗長な文章になる。
ただ、書くことがなくなった作家や、もともと能力の低い作家(林何某子など)は400字の原稿用紙1枚で十分な内容を、ぐだぐだと着飾ったデコレーション小説に仕上げる。(あー、いけない。悪口はやめよう)
しかし、逆説的な部分もあって、読んでいい小説は、背景のdetailと主題にこだわっており、読んでいるとその世界に引き込まれる。(村上何某などはとても引き込まれやすいデコレーション小説だわ。)

そういう意味では、ミステリーは比較的大きな主題もなく、頭を使わないでいいので、読書が、そう、ストレスではない。(特に、研究していた頃などは、頭を使って読まないといけないものがあるので、頭を使わないでいい小説は脳のエステのようなものだ。ただ、脳を使う小説も読まないといけないですよ~。)
また、ミステリーは短編でも設定が非日常で、detailにこだわって書いているので、軽い小旅行気分になれる。

今日は、最近読んだ本を紹介します。柳広司さんのシートン動物探偵記です。
シートン(探偵)動物記(2006年5月、光文社 / 2009年3月、光文社文庫) 収録作品:「カランポーの悪魔」「銀の星」「森の旗」「ウシ小屋密室とナマズのジョー」「ロイヤル・アナロスタン失踪事件」「三人の秘書官」「熊王ジャック」
シートン(探偵)動物記 柳広司 とシリーズ大自然の目撃者(NHK) シートン動物記_a0194908_16402759.jpg

物語の冒頭は、80歳ぐらいの老人の観察力が、若い新聞記者(語り手)の所作から、その人の生活背景を言い当てるという定型的な始まりです。その老人が実は何を隠そうアーネスト、トンプソン、シートンであるという設定。彼に対する観察力がいろいろな事件の解決に働き、その舞台設定が、シートン動物記の作品設定を背景にしているというものです。純粋にシートン動物記を読んでいる人は楽しめるし、遠い記憶の中で読んだことのある人は動物記をもう一度読んでみようと思います。読んだことがない人も、娯楽小説として楽しめますよ。シートン動物記を読みたくなるでしょう。ミステリーの全体としては、複雑なものはないので、本当のミステリー好きには不満でしょう。どうしても、パターン化されるので、全体としては単調なものですが、この手の小説は楽しめますね。正月のグアム旅行の飛行機で読みました。
ただ、この小説もですが、NHKのBSHiの年末から再放送していたシリーズ 大自然の目撃者 シートン動物記の世界(1) 「狼王ロボ」などのシリーズは別の面白さがありますよ。

私ははある時期、人類のため(おおげさすぎ、、やなあ。)とはいえ、動物の殺生を沢山したので、もう動物と触れ合うことはあきらめています。最近かわいかった動物は、2009年12月30日 おそらく20年ぶりに行ったときの長崎バイオパークの目のでっかいアルパカ
シートン(探偵)動物記 柳広司 とシリーズ大自然の目撃者(NHK) シートン動物記_a0194908_1639549.jpg


最後に動物つながりで、、ラベルがサイなんですよね。ワインの味の表現の仕方は良く知らないけど、昨年、ワイン持込でイタリアンとジビエとともにいただきました。(2010年11月29日)すごくまろやかなフルーツの味。酸味は感じることなく。味も香りも酸味のない旨みのあるイチゴに近いような、、、とにかくおいしかった。ヴァレイラーノ・バルバレスコ 2004:Vigneto Valeirano Barbaresco 品種はネッピーロ イタリアのワインにもこんなに美味しいのもあるのだと思ったワインです。
シートン(探偵)動物記 柳広司 とシリーズ大自然の目撃者(NHK) シートン動物記_a0194908_1714355.jpg

by zuitoshou | 2011-01-18 17:21 | 読書、歴史